駅構内のデジタルサイネージ事例をご紹介します。

新宿駅丸ノ内線改札脇に設置した柱巻き型デジタルサイネージです。

50インチを4面に内蔵、4本の柱を利用した計16面のデジタルサイネージです。

10年前の設置事例としてはモニターサイズも大きく訴求力のある好事例です。

設置状況

事例10:C駅構内のデジタルサイネージ-1

事例10:C駅構内のデジタルサイネージ-2

地下通路が十字に交差する場所のため、柱巻きを45度回転させて設置することで直進してくる人に、4面ではなく倍の8面が訴求できるように設置配慮しました。

設置の様子

事例10:C駅構内のデジタルサイネージ-3

事例10:C駅構内のデジタルサイネージ-4

↓柱巻きの幅も制限が厳しくタイトな設計でモニターの熱もこもりやすいため、腰部分と天面に排熱用のファンを施しました。

事例10:C駅構内のデジタルサイネージ-5

事例10:C駅構内のデジタルサイネージ-6