某商業ビル案内サイネージ CASE

某商業ビル案内サイネージ

昨年の9月に町田の商業ビルのエントランスに屋外型のサイネージを製作設置した事例です。

写真でご覧いただける通り既存は現在では活用していない埋め込みのショーケースや、
張り紙などが混在している状態でした。

こちらの柱面にスッキリとサイネージの筐体を設置リニューアルしたいとの事でした。

内蔵のモニターは75Vの高輝度モニターを使用することになりました。

床面から天井近くまで一体型の柱寄せ自立固定筐体として意匠と設計を進めました。

意匠としてはイメージスケッチの右側のガラス扉裏面からのマスキングは既存の柱と近似色の赤系にすることになりました。

庫内の排熱は筐体の左右側面上部にファンを設置しています。

モニターの組込メンテも前面ガラス鍵付扉としているため、簡単にメンテナンスが出来るよう考慮しました。

張り紙ポスター等で混在していたエントランス柱面をサイネージでスッキリとリニューアルする事が出来た好事例となりました。

page top