某ビルエントランスサイネージ CASE

某ビルエントランスサイネージ

神楽坂に新築されたビルのエントランス両袖に埋め込み設置したサイネージです。

外壁面の仕上げの石張りを47V縦内蔵埋込屋外筐体の扉にも張りたいとの要望あり。

石の重量が約80kgに筐体の板金扉・保護ガラスを加えると110kg程度になり、
扉の蝶番はステンレス製のプレート厚のあるピアノ蝶番を使用しました。

日射も斜めから当たる時間もあり、雨も吹き込むとかかる可能性のある場所なので
完全屋外の収まりの筐体として仕上げました。

建築の壁面仕上げと同化した綺麗な筐体に仕上げることが出来た好事例となりました。

47V高輝度モニター

クロスフローファン

排熱ファン

施工

page top