地下鉄駅A構内のデジタルサイネージ事例をご紹介します。

改札口脇の壁面に設置した自立壁付け型デジタルサイネージです。
改札口の往来の邪魔にならないよう55V薄型モニターを内蔵することで、筐体の厚みを80mm程度に抑えることができました。
設置に関しても将来撤去した際に既存の柱パネルにビス穴などが残らないように、パネルの底目地に細工を施しています。

既存の柱には誘導サインやポスターなどがバラバラに表示されていましたが、筐体を床から天井までの一体型にすることで、それらの表示もスッキリとまとめることが出来た好事例です。

設置状況

事例4:地下鉄駅構内2

事例4:地下鉄駅構内3

設置前の状況

事例4:地下鉄駅構内1

事例4:地下鉄駅構内6

製作中の様子

事例4:地下鉄駅構内5

事例4:地下鉄駅構内4