筐体製作20年の実績で、デジタルサイネージ導入のお手伝いをします!

仕組みについて

デジタルサイネージの主な仕組みを簡単にまとめてみました。
以下の内容に必ずしも完全一致ではありませんが、大きくわけると以下の2つの仕組みになっていると理解して頂いて問題ありません。

スタンドアローンタイプ

デジタルサイネージの仕組み・スタンドアローン型

特長

  1. ネットワーク回線不要(設置場所に電源さえあればOK)
  2. サーバー不要(メディアプレーヤーとなるSTBがあればOK)
  3. 簡単な操作でコンテンツ作成から入れ替えがOK

運用

  1. メディアプレーヤーに準拠したフォーマットのコンテンツをPCで作成
  2. 出来上がったコンテンツをメモリーに保存しメディアプレーヤーに挿入
  3. ディスプレイとメディアプレーヤーを接続し電源をONすれば簡単再生
  4. 設置場所にあった金物や、スタンド筐体等で設置

ネットワークタイプ

デジタルサイネージの仕組み・ネットワーク型

特長

  1. 静止画・動画・文字テロップなど複雑な画面構成が可能
  2. 配信セキュリティーと、安定したデーター配信が可能
  3. 遠隔からサーバーを経由し複数台のコンテンツ含む運用管理が可能

運用

  1. 運用ソフトをインストールした管理PCよりデーター配信(ディスプレイ設置域内からでも遠隔域外からでも可能)
  2. 配信サーバー経由でメディアプレーヤーにデーター配信
  3. ディスプレイとメディアプレーヤーを接続し電源をONすれば簡単再生
  4. 設置場所にあった金物や、スタンド筐体等で設置

相談は無料です! お気軽にお問い合わせください! TEL 03-3799-5702 平日 10:00〜18:00 / 担当:金子, 前田

メールでお問い合わせはこちら