オリンピックロード向けサイネージ CASE

オリンピックロード向けサイネージ

数年前に2020年オリンピック開催が決まり虎ノ門ヒルズが竣工した頃、
晴海に繋がるオリンピックロードに虎ノ門に因んだ屋外自立型サイネージの
構想を耳にしてデザインをしてみました。

60V高輝度モニターを縦に内蔵した筐体デザインです。

筐体製作時には加工の問題もありディテールの検討も必要かなとは思いましたが、
まずはイメージとしてこんなものが出来たら従来の箱型のサイネージ筐体より
街並みに馴染んだいい物になるのではと描いてみました。

案件自体は消滅したようですが楽しんで作業ができた1例です。

Plan-A

Plan-B

page top